太るために必要な栄養素と太りやすい食事とは?太りやすい体を作るためのポイント!

太るために必要な栄養素と太りやすい食事とは?太りやすい体を作るためのポイント! 太る方法

太るために、ただ単にカロリーを一生懸命摂ったり、
筋トレを一生懸命頑張ったりするだけでは、効率が悪いです。

ではどうすれば効率よく太れるのか?

実は太りやすい体を作る栄養素があるんです。
その栄養素を摂れば、デブエットの効果も早く実感できます。

なので太りやすい体を作る栄養素を紹介します!

筋肉をつけて太るための栄養素

太るためには、食事でカロリーを摂取する方法と
筋肉をつけて体を太くする方法があります。

効率よく筋肉をつけるためには、
筋肉をつきやすくする栄養素を摂るのが大事です。

なのでその栄養素を紹介します。

タンパク質

まず1つ目は【タンパク質】です。

タンパク質はプロテインの主成分ですが、
なぜ筋肉にはタンパク質を摂るのがいいのか知ってますか?

筋トレで破壊された筋肉細胞を修復するためには、
タンパク質が必要なんです。

ンパク質が筋肉細胞を修復しながら、筋肉を強化してくれます。

なのでタンパク質を摂ると効率よく筋肉がつけられるんです。

タンパク質には【動物性】と【植物性】の2種類がありますが、
オススメは動物性タンパク質です。

なぜなら動物性タンパク質には必須アミノ酸が全て含まれているからです。
それに比べ、植物性タンパク質は全ての必須アミノ酸を補うことが出来ません。

なのでタンパク質を摂るなら動物性タンパク質にしましょう!

動物性タンパク質が含まれる食べ物はこちら

  • 肉類
  • 魚類

タンパク質の吸収を高める栄養素

ただタンパク質だけを摂るよりも、タンパク質と相性のいい栄養素を一緒に摂ると
タンパク質の吸収が良くなります。

なのでタンパク質と相性のいい栄養素も紹介します。

ビタミンC

ビタミンCはコラーゲンを生成するための材料です。

体内のコラーゲンは筋肉を支える役割をしており、
体内のコラーゲンが不足すると筋力や体力が弱まります。

なので体内のコラーゲンを減らさないために、ビタミンCの摂取が大事なのです。

ビタミンCは熱に弱いので、加熱せずに摂取して下さい。

ビタミンCが摂れる食べ物はこちら

  • アセロラ
  • レモン
  • キウイ
  • ピーマン
  • キャベツ
ビタミンB群

タンパク質は体内に吸収される時にアミノ酸に分解されるのですが、
その分解を助けている栄養素がビタミンB群です。

なのでビタミンB群を摂ると、
タンパク質が効率よく体内に吸収されます。

ビタミンB群も熱に弱いので、加熱せずに摂取して下さい。

ビタミンB群が摂れる食べ物はこちら

  • レバー
  • マグロ
  • さんま
  • 納豆
  • バナナ
  • 牛乳
亜鉛

亜鉛はタンパク質と結びついて活動します。

亜鉛は筋肉の修復や、新陳代謝の向上の役割があります。

なので体内の亜鉛が減ってしまうと、疲れやすくなったり、
筋肉がつきにくくなってしまいます。

効率よく筋肉をつけるためには、タンパク質と一緒に
亜鉛も摂取するのが大事です。

亜鉛が摂れる食べ物はこちら

  • 肉類
  • 魚介類
  • 豆類
  • チーズ
  • ナッツ類

脂質

2つ目は【脂質】です。

脂質は体でエネルギーとして使われ、代謝や体温、血圧にも影響します。
そして脂質は筋肉もコントロールしています。

脂質は筋肉だけでなく、脂肪をつけるためにも必要な栄養素なので
積極的に摂りたいですね。

ですが摂りすぎると胃もたれなど、胃腸に負担をかける可能性があるため
体調に合わせて摂取する量を変えて下さい。

脂質が含まれる食べ物はこちら

  • 肉類
  • 菓子類
  • ナッツ類
  • バター
  • 牛乳

ミネラル

3つ目は【ミネラル】です。

ミネラルは16種類あり、マグネシウムやカルシウムなどが含まれます。

ミネラルは筋トレをする時には欠かせない栄養素です。
ネラルが無ければ筋肉は作られません。

また、体の機能や体調を整える役割もあります。

ミネラルが含まれる食べ物はこちら

  • 魚介類
  • 海藻類
  • きのこ類
  • ほうれん草
  • 納豆

胃腸を健康にして太るための栄養素

胃腸が不健康だと食べ物が上手く消化されず、
食べ物のカロリーや栄養素が吸収されないまま、便として排出されます。

それだと効率よく太れませんよね。

胃腸を健康にすると、食べ物から摂取したカロリーや栄養素を
しっかり体内に吸収できます。

なので効率よく太れるのです。

胃腸を健康にするとは、腸内環境を良くすることです。
便秘症の人は便秘を解消することで腸内環境が良くなります。

胃腸を健康にする栄養素はこちら

  • ビフィズス菌や乳酸菌
  • 多糖類(でんぷん)
  • オリゴ糖
  • 食物繊維(水溶性と不溶性)
  • 発酵食品

それぞれの栄養素が摂れる食べ物も下記で紹介します。

ビフィズス菌や乳酸菌

腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やします。
また免疫力が向上する効果もあります。

  • ヨーグルト
  • 乳酸菌飲料
  • キムチ

多糖類(でんぷん)

2種類以上の単糖類が合わさったものを多糖類といいます。
多糖類は善玉菌を活性化させます。

  • 米や玄米
  • パン類
  • 麺類
  • 豆類
  • イモ類
  • バナナ
  • 大麦

オリゴ糖

3種類以上の糖が合わさったものをオリゴ糖といいます。
オリゴ糖は悪玉菌の増加を抑え、善玉菌に栄養を与えます。

  • タマネギ
  • ゴボウ
  • アスパラガス
  • インゲン
  • ハチミツ
  • きな粉

水溶性食物繊維

腸内でゆっくり移動し、腸内の老廃物を排出します。
そのため便秘が解消します。

  • にんじん
  • キャベツ
  • じゃがいも
  • トマト
  • りんご
  • みかん
  • こんにゃく
  • 寒天
  • 海藻類

不溶性食物繊維

胃や腸で膨らみ、腸を刺激して腸の動きを活発にします。
そのため便秘が解消します。

  • 大豆やおから
  • イモ類
  • 根菜類
  • きのこ類
  • 穀物

発酵食品

発酵食品は日本人の体と相性がいいです。
腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌が増えにくい環境を作ります。

  • 納豆
  • 漬物
  • 味噌
  • 醤油

太りたい人にオススメな食事メニューは?

では次に太りたい人にオススメな食事メニューを紹介します。

健康的に太るには、栄養バランスの良い食事を摂るのが大事です。
なので栄養が偏らないようにしましょう。

太りやすい食事

そしてただカロリーの高い食事をすればいいわけでもありません。

消化に良いものを食べるほうが、胃腸の負担も少なくなるので
食事を多く摂れるのです。

なのでカロリーが摂れて消化にいい食べ物を紹介します。
太りたい人は、基本的には炭水化物を摂ると良いですよ。

間食で炭水化物を摂ると、その分カロリーも摂取できるので
1日のトータルの摂取カロリーを増やすことができます。

例えばおにぎり1個で215キロカロリーなので、
1日2回の間食でおにぎりを2個ずつ食べたとしたら860キロカロリー摂取できます。

また、うどんでは100gあたり270キロカロリー摂取できます。

太りたい人にオススメの食べ物はこちら

  • おにぎり
  • お茶漬け
  • 納豆ご飯
  • 炊き込みご飯
  • トースト

太りたい人が食欲のない時にオススメの食べ物はこちら

  • 素麺
  • うどん
  • ビール

食欲のない時は、とくに消化の良い素麺やうどんを食べるのが良いでしょう。

太るための食事メニューを考える時のポイント

消化の良いものを摂るのがいいと上記で話しましたが、
それ以外にも食事メニューを考える時のポイントがいくつかあるので紹介しますね。

まず1つ目は【温かいものを食べる】

冷たいものを食べると内臓が冷えてしまい、胃腸の働きも悪くなります。
なのでなるべく温かい食事を摂るようにしましょう。

2つ目は【味付けは薄めにする】

調味料や香辛料が多いと、胃を刺激してしまいます。
なので胃腸の負担を減らすためにも、薄味がオススメです。

調味料の量を控えると、高血圧などの原因になる塩分も抑えられるので、健康にもいいですよ。

3つ目は【柔らかいものを食べる】

柔らかい食べ物は消化もしやすいので、胃腸の負担を減らします。
もし硬いものを食べる場合は、よく噛んで食べることで消化しやすくなります。

最後に、胃腸に優しいオススメの【飲み物】も紹介します。
白湯や常温の水、ノンカフェインのお茶、スポーツドリンクなどがオススメです。

まとめ

太るためには、栄養素に気をつけるのも大事です。
上記の栄養素を摂るのと摂らないのとでは、デブエットの結果も変わってきます。

なので普段の食事から、必要な栄養素をしっかり摂るようにしましょう。

また間食には炭水化物がオススメです。
炭水化物がカロリーが高く、消化にもいいからです。

どうしても食べても太れないときは、サプリを頼ると良いでしょう。
太るためにサプリがあって、消化吸収を助けてくれます。

私も太るために色々なサプリを試して、中でも効果が高かったと感じたものをランキングで書きました。
太るサプリランキング

ぜひこの記事を参考にして、デブエットを頑張ってください(*^^*)♪

コメント