【2018年版】痩せた体型を隠す服装・ファッションまとめ

痩せ体型を隠せる服装 ファッション

痩せすぎている体型をコンプレックスに感じてはいませんか?

「なんとかして、服装で痩せ体型をごまかしたい…」
とずっと考えていました。

ネットで検索したりファッション誌で調べたのですが…
意外と少ないんですよね、痩せていることを隠す服装って。

痩せ体型を上手く活かす服装やポイントをまとめてましたので、
これを読んで、痩せ体型を隠してみませんか?

痩せすぎでも似合う服装

まずは、実際にどんなアイテムが痩せ体型にもマッチしやすいのか、例を挙げてまとめました。

あなたの持ってるアイテムから、試して参考にしてみて下さい。

ボトムスはスキニーがオススメ

痩せ体型を隠すスキニー
まず王道として、【スキニー】は痩せ体型にマッチしやすいでしょう。
またスキニーは、どんな服装にも合わせやすいのがメリットです。

パンツをスキニーでぴっちりさせ上はフワッとした服装にする。
これで痩せ体型を隠すことができます。

ただ、注意点があります。
トップスにもピッタリしたものを合わせてしまうと、全身が細くなり、細さが際立ってしまうということ。

スキニーを履く際には、トップスにはボリュームをもたせることが、体型をカバーするコツになります。

チュールスカートで足元にボリューム

痩せ体型を隠すチュールスカート
スキニーとは逆に、ボトムスにボリュームをもたせることも効果的です。
トップスにジャストめサイズの物を着ても、全体のラインとしてはバランスが良くなります。

【チュールスカート】は横に広がったシルエットなので、ボリュームがありすぎて大きなシルエットになりがちです。

ぽっちゃりさんには嫌われるのですが、痩せ体型の人にはちょうどいい【かさ増し】になります。

痩せ体型をごまかしたいからと言って、トップスもボトムスも、余裕をもたせると、ダボダボになってしまいます。
どちらかを締めることで、ふんわり度がまし、痩せ体型を隠すことができますよ。

マキシワンピで体型を隠す

痩せ体型を隠すマキシワンピ
ふわっとしたシルエットを作る【マキシワンピ】も、痩せ型の人には最適です。
良い具合にスッキリしたシルエットなので、大きくなりすぎず、痩せ体型の人にはよく似合います。

また、足を出さなくて済むので、足のコンプレックスも隠すことができます。

肩や鎖骨を出すと、痩せていることが分かりやすいので、肩や鎖骨が隠れたマキシワンピがオススメです。

サロペット

痩せ体型を隠すサロペット
【サロペット】もまた、スラッとしつつも細さをごまかしてくれます。
ボトムにゆったりとしたシルエットを出してくれるので、華奢な感じが出にくいのでおすすめです。

ただしファッションがかなり限られるので、使い勝手はあまりよくないかもしれません。

ロングカーディガン

痩せ体型を隠すロングカーディガン
上下ともに細めのシルエットを揃えた場合も、【ロングカーディガン】一枚羽織れば、シルエットが一気に良くなります。

細さを隠しつつも、スラッとした感じを出すことができます。
華奢な感じを出さずに、スタイルの良さをアピールすることができますよ。

胸元に切り替えのあるギャザートップス

痩せ体型を隠すギャザートップス
トップス単体として効果的なのは、胸元に切り替えのある【ギャザートップス】です。

切り替えが女性らしいシルエットを演出してくれるので、特に胸の小ささでお悩みの方に適しています。

ただトップスにボリュームがあるので、ギャザートップスを選んだ際は、ボトムにスキニーなど細いアイテムを選ぶようにしましょう。

ギャザートップスの場合も、肩や鎖骨が見えないものを選びましょう。

ローゲージのハイネックニット

痩せ体型を隠すハイネックニット
ハイネックニットは、痩せ体型の人にこそ着てほしいアイテムです。

ハイネックニットは、グラマラスな体型の人が着ると、セクシーさが出すぎて下品にすら感じてしまいがちなアイテムです。

ですが、痩せ体型の人が着ると、絶妙なバランスでスレンダーさが強調されます。
すっきりとしたラインに見えながら、ボリュームも稼げるのでおすすめです。

服を選ぶポイント

これまでは、具体的なアイテムを例に上げながら、痩せ体型を隠す方法をまとめてきました。

ここからは、コーディネートを選ぶ際のポイントをまとめましたので、参考にしてみて下さいね。

シルエットを意識する

シルエットとして目指すべきはVライン>Aライン>Iラインの順になります。

Iラインにしてしまうと、痩せ体型が強調されすぎてしまいます。

トップかボトムにボリュームをもたせる

まずはトップスにボリュームをもたせる、Vラインを目指しましょう。
足元を細く見せることで、上半身を大きく見せる効果があります。

痩せ体型の人は、スキニーが似合いやすいので、活用しない手はないでしょう。

次に、トップスをすっきり見せたいときには、ボトムスにゆったりしたものを選びましょう。
どちらかをゆったりさせることで、全体のシルエットをぼやけさせる効果があります。

腕に大きめのアイテムを付ける

夏場など、暑いときにはあまり重ね着をしたくないですよね。

でも、腕を出すと細さが際立ってしまう、とお困りの方に。
どうしても腕を出したければ、手首に大きめのアイテムを付けるのがおすすめです。

手首の方に意識を向けることで、腕全体の細さを紛らわせる効果があります。

痩せているのを隠しやすい色

痩せ体型を隠すためには、シルエットだけでなく色のチョイスも重要になってきます。

どんな色が痩せ体型にオススメなのか、参考にしていただければと思います。

上半身には膨張色をチョイスせよ

上半身の細さが強調されないようには、膨張色をチョイスするのが良いでしょう。

膨張色とは、具体的にはパステルカラーのような明るい色、薄い色、暖色系の色(赤、オレンジ、ピンク、黄色など)を指します。

なかなかチャレンジしにくい色もあるかとは思いますが、体型を隠すには効果的ですので、思い切って取り入れてみるのもオススメです!

痩せ型は白+白も着こなせる

痩せ体型の人に是非挑戦していただきたいのが、トップスとボトムス両方に白を取り入れるコーディネートです。

一般的には膨張色なので太って見えてしまいますが、積極的に取り入れて、逆に膨張性を利用してしまおうということです!

痩せている体型を隠すのにNGな服装

最後に、いままでは効果的なアイテムばかりを紹介してみましたが、逆にNGなアイテムを紹介したいと思います。

鎖骨を見せるファッションはNG

最近流行の、チューブトップなどの鎖骨を見せるようなファッションは、痩せ体型の人には向いていません。

コンプレックスである骨を出してしまうと、痩せ体型が強調されすぎてしまいます。

ぴっちり目の服でも、鎖骨が見えると見えないで大違いですので、出来る限り鎖骨は見せないほうが良いでしょう。

ブカブカな服はNG

体型を隠すために、上下ともぶかぶかな服をチョイスするのもNGです。

不自然な感じが出てしまいますし、ぶかぶかすぎると痩せ体型をカバーする効果は薄れてしまいます。

痩せ体型を隠す服装まとめ

痩せた体型を隠す服装をまとめましたが、大事なことは【メリハリ】をつけること。
隠したいあまりダボダボの服ばかり来ていると、女性らしさを失います。

トップスをぴっちり目にしたときは、ボトムスにゆとりを。
ボトムスをぴっちり目にしたときは、トップスにゆとりを。
メリハリを付けることで、女性らしさを失わずに、細い体型を隠すことができます。

コメント