【デブエット】太るにはどんな方法がある?5つの太る方法で理想の体型を目指す!

太りたい女性 太る方法

ダイエット方法はテレビなどでもよく目にしますが、
逆に太る方法(デブエット)はほとんど目にしませんよね。

やはり「太りたい」と悩んでいる人が少数だから需要がないんでしょうか?

でも私と同じように、
「太りたくても太れない…」
「ガリガリの体をなんとかしたい…」
と悩んでいる人も少なからずいると思います。

なので実際に私が実践して太ることができた方法を紹介します!

私が紹介する【太る方法(デブエット)】はコチラ

  • 摂取カロリーを増やす
  • 腸内環境を整える
  • 筋肉をつける
  • 姿勢や骨盤のゆがみを直す
  • 歯の噛み合わせを直す

では1つずつ詳しく書いていきます。

摂取カロリーを増やすデブエット

人間の体が太る原理として、やはり基本的なことは
【消費カロリーよりも摂取カロリーを多くすること】です。

なので当然、摂取カロリーを増やせば体は太ります。

「ちゃんと食べているのに太れない」と悩んでいる人は
実は食べているつもりでも摂取カロリーが足りていない場合があります。

なので効率よくカロリーを摂取するデブエット方法を紹介します!

食事の回数を増やす

「とにかくいっぱい食べればいいんでしょ?」
という考えは甘いです。

摂取カロリーを増やそうとしてドカ食いをしてしまうと、
胃腸に負担がかかり、上手く消化吸収できなくなります。

消化しきれなかった分は便として排出されるので、
せっかくたくさん食べても意味がなくなってしまうんです。

また痩せ体質の人は胃腸が弱っている可能性が高いので、
特に消化吸収の働きが悪くなっており、デブエットにドカ食いは逆効果です。

ではどうすればいいのか?

摂取カロリーを増やすために効果的な方法は
【食事の回数を増やす】ことです。

食事の回数を増やして小分けにして食べることで、
消化の負担が減り、消化吸収の働きが良くなります。

1日3食だけではなく、間食も含めて1日5回くらいは食事をしましょう。

食事の回数を増やすと1日の摂取カロリーも増やせるので、
体を太らせることが出来ます!

高カロリーで消化に良いものを選ぶ

摂取カロリーを増やすためと言っても、
ただ単にカロリーの高い食べ物を食べればいいという訳でもありません。

いくら高カロリーでも消化に悪いものを食べてしまうと、
上手く体内に吸収されずに便として排出されてしまいます。

高カロリーな食べ物である揚げ物や菓子パン、ケーキ、スナック菓子などは
消化に悪いのでオススメしません。

デブエットで効率よく太るためには【高カロリーで消化に良いもの】を食べるのが1番良いです。

オススメの食べ物はコチラ

  • 白米・おかゆ
  • うどん・素麺
  • 大豆製品(豆腐・納豆など)
  • 発酵食品(チーズ・漬物・キムチなど)
  • 野菜(ほうれん草・白菜・大根・キャベツ・じゃがいもなど)
  • 果物(バナナ・りんごなど)
  • 鶏肉(胸肉・ササミなど)
  • 白身魚(タラ・アジ・カレイなど)

よく噛んで食べる

よく噛んで食べると消化がしやすくなり、
早食いの防止にもなるので、胃腸への負担が減ります。

なので食べ物の栄養やカロリーをしっかり体に吸収できます。

一口の量を少なめにしたり、硬い食材を食べることで
自然と噛む回数を増やせます。

ある研究によると、最も良い咀嚼回数は【30回】のようです。

胃腸に負担がかかると胃もたれになったり、食欲が落ちたりします。
そうするとますます食べる量が減り、痩せてしまいます。

胃腸を元気にすることは、体を太らせることに繋がります。
なので普段からよく噛むのを意識して過ごしましょう!

カロリー計算をする

1日の食事で摂ったカロリーを計算して、
自分がどれくらいのカロリーを摂取しているのかを把握するのもデブエットには大事です。

レコーディングダイエットって聞いたことありますか?

食べた物、食べた物のカロリーを毎日記録するダイエット法ですが、
これと同じような要領で、1日の摂取カロリーを記録していきます。

1日に必要とされている成人のカロリーは
男性の場合は約2500キロカロリー、
女性の場合は約2000キロカロリーです。

自分の1日の摂取カロリーが上記の数字よりも低い場合は、
間食などで摂取カロリーを増やしましょう。

腸内環境を整えるデブエット

太るためには腸内環境を整えるのも大切です。

なぜなら腸内環境を整えて腸を元気にすると、
栄養の吸収率が良くなるからです。

また便秘になると食欲も落ちますし、老廃物が体内に溜まり、
内臓の働きも悪くなるため、体に疲労感や倦怠感が出ます。

体全体を元気にするためにも、腸内環境を整えるのが1番大事なんです!

では腸内環境を整えるデブエット方法を紹介します。

食事で整える

腸内環境は食事で整えるのが手っ取り早いです。

腸内環境を整えるのに有効な食べ物は下記の通りです。

【食物繊維】
食物繊維は腸内の悪玉菌を減らす働きがあります。
なので腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが良くなり、腸内環境が整うのです。

オススメの食べ物:キャベツ・ごぼう・玄米・大豆・きのこ類・ワカメ・バナナなど

【オリゴ糖】
オリゴ糖は胃で消化されず腸まで届き、腸内の善玉菌を増やす働きがあります。
そのため腸内環境が良くなります。

オススメの食べ物:きな粉・ハチミツ・味噌・醤油・牛乳など

【乳酸菌】
乳酸菌も腸内の善玉菌を増やす働きがあるため、
腸内環境が良くなります。

オススメの食べ物:ヨーグルト・チーズ・漬物など

手軽に腸内環境を良くする方法としては、

  • 白米を玄米に変える
  • 毎日納豆や味噌汁を食べる
  • ヨーグルトにバナナやハチミツを入れる
  • 牛乳にきな粉を混ぜる
  • おやつにチーズを食べる

などがオススメです。

食事の量を増やすのがキツい、食事を作ることが難しい、という方には、サプリをオススメします。
オススメの太るサプリをまとめました。
太るサプリランキング

運動で整える

腸内環境は運動でも改善できます。
運動をすることで腸の動きが活発になり、便秘が解消します。

オススメの方法としては、

  • ウォーキング
  • ストレッチやラジオ体操
  • フラフープ
  • ヨガ
  • 腹筋

などがあります。

またお腹をマッサージするのも便秘解消に有効です。
お腹に「の」の字を書くようにマッサージします。

腸内環境を良くするためには便秘を解消することも大事です。

生活改善で整える

生活リズムの乱れが腸内環境を悪くしている場合もあります。

昼夜逆転の生活や睡眠不足は腸の働きが悪くなる原因です。
また過度なストレスも腸には悪い影響を与えます。

規則正しい生活をして、十分な睡眠を取りましょう。
またストレスを溜め込みすぎずに適度に発散しましょう。

ストレスの発散方法としては、

  • 大声を出す
  • 思いっきり笑う・泣く
  • 運動をする
  • ゆっくりお風呂に入る
  • 好きな香りでリラックスする
  • ガムを噛む
  • 深呼吸をする
  • 掃除をしてスッキリする

などがあります。

筋肉をつけるデブエット

体を太くするためには筋肉をつけるのも効果的です。

ですが脂肪が少ない体は筋肉もつきづらいです。
なので効率よく筋トレをして筋肉をつけるのが大事になります。

ではデブエットで効率よく筋肉をつけるための方法を紹介します。

短時間で高負荷のトレーニング

筋トレは回数が多ければ良いというものではありません。

なので負荷の低い運動を何回もこなすよりも、
高い負荷の運動を少ない回数行うほうが効率も良く効果的です。

少ない回数で限界を迎えるほどの高い負荷の筋トレを行いましょう。
その方が筋肉が大きくなりやすいのです。

⇒太るための筋トレについてもっと詳しくまとめました

休息も大事

筋トレには休息も大事です。

筋トレのあとに筋肉を24~48時間ほどしっかり休ませることで、筋肉が大きくなります。
これを【超回復】と言います。

筋トレを行うと筋肉は破壊されていきます。
そのため筋トレ前よりも筋トレ後のほうが筋肉が少なくなってしまうのです。

しかし筋トレ後に筋肉をしっかり休ませることで、
破壊された筋肉が徐々に回復していき、筋トレ前よりも筋肉が大きくなります。

なので筋肉を大きくするためには、筋肉を超回復させる必要があります。

【筋トレ→超回復→筋トレ→超回復】というように、
筋トレのあとにしっかりと筋肉を休ませてから次の筋トレを行うのが
一番効率のいい筋トレ方法です。

姿勢や骨盤のゆがみを直す

姿勢が悪かったり骨盤がゆがんでいたりすると、
内臓の下垂により内蔵の働きが悪くなります。

また血液の流れも悪くするため、体に老廃物が溜まりやすくなります。

そうなると食べ物がうまく消化できなかったり、
栄養やカロリーをしっかり吸収できなくなったりします。

姿勢や骨盤のゆがみを直すことで、内臓が正常な位置に戻り、
内臓の働きが活発になるため、体の内側から元気になります。

消化もスムーズになり、栄養やカロリーもしっかり吸収するので
体に脂肪もつきやすくなります。

さらに体が元気になることで食欲が湧いて、食べる量が増える場合もあります。

なので悪い姿勢や骨盤のゆがみを直すことは、太るためにはとても有効です。
デブエットする前に、姿勢や骨盤のゆがみを直しておきましょう。

歯の噛み合わせを直す

歯の噛み合わせが悪いと、食べ物を上手く咀嚼できないため
消化に時間がかかってしまい、胃腸に負担をかけてしまいます。

そして上記でも書いたように、消化しきれなかった食べ物は
体に吸収されずに便として排出されてしまいます。

なので胃腸に負担をかけないために、歯の噛み合わせを直すのも1つの方法です。

それが難しい人は、食事の際によく噛んで食べるように心がけましょう。

デブエットを途中で諦めない

体重を増やすのには時間がかかります。
3ヶ月や半年、1年など、長い目でデブエットしましょう。

太るための食事や運動を続けていれば、必ず太れます。

遺伝による痩せ体質の人でも太れます。
なので途中で諦めずに、長期間続けましょう。

途中で諦めてしまっては、それまでに続けていた努力が
全て水の泡になってしまいます。

途中でくじけずに続けることが、デブエット成功への近道なのです。

デブエットをサポートするアイテムで、太るサプリがあります。
栄養の消化吸収をサポートしますので、効率よく太りたいなら必ず飲みたいところ!

コメント