太るためにはサプリかプロテインどちらが良いの?

太るためにはサプリかプロテインどちらが良いの? 太る方法

「プロテインを飲むと太る」というイメージを持っている人は多いでしょう。
運動しないでプロテインを飲むと脂肪が増えると言いますし、太るためにプロテインを飲むことを検討する人もいるのでは?

でもちょっと待ってください。
一応プロテインって筋肉を付けるためのものですよね?

太るために飲むには適していないような気もするのですが…。
太るためにはサプリとプロテイン、どちらが良いのでしょうか?

太りたいならサプリ?プロテイン?

太りたいならサプリとプロテインどちらを選ぶべきなのでしょうか?

結論から言いますとサプリです。

そもそも太るためのサプリに馴染みがない人は多いかもしれませんね。
痩せるためのサプリとは反対に、太るためのサプリが存在します。

ではなぜプロテインよりもサプリの方が太るのに適しているのか順を追って説明しますね。

太りたいならサプリが良い理由

太りたいのであればプロテインよりもサプリの方が向いています。

プロテインとサプリでは体へのアプローチ方法が全く違います。

プロテインはタンパク質を吸収しやすい状態に加工した食品です。
簡単に言えば筋肉や髪、爪などの材料ですね。

対して太るサプリは、栄養素の吸収効率を高めたり食欲を増進するための成分が配合されています。
要するに食事での栄養素吸収をサポートするものです。

材料と栄養素吸収サポートでは全く違いますよね。
筋肉を付ける目的ならプロテインの方が適していますが、太るためには筋肉ではなく脂肪が必要です。

脂肪を付けるには消費カロリーよりも摂取カロリーを多くしなければなりません。

では摂取カロリーを増やすためには何が必要ですか?
吸収効率を高めたり食欲を増進するのが効果的ではありませんか?

ですので太るためにはプロテインよりもサプリの方が良いんです。

またサプリは太ることを目的に作られていますので、太れない原因を解消するように考えて成分が配合されています。

プロテインでは太れないの?

ではプロテインでは太れないのでしょうか?
結論から言うとプロテインでも太れます。

「運動しないでプロテインを飲むと太る」と言いますよね。
プロテインは筋肉の材料になるものの、材料として使われなければ脂肪として蓄積されます。

ちなみにプロテインを飲むだけで筋肉が増えると思っている人もいますが、運動して身体が「筋肉を作るぞ!」という状態になっていなければ筋肉は増えません。

運動の負荷で筋肉が壊れ、修理する過程で大きくなります。
いわゆる超回復ですね。

プロテインで太るためには、タンパク質が1回あたり20g以上になるように摂取すると良いでしょう。
身体は一度に摂取できる上限があり、20gを超えると炭水化物として使われます。

プロテインごとにタンパク質の含有量は少しずつ違いますが、1杯あたりが大体10~18gほどです。
ですので1回で2杯飲めば良いわけですね。

しかしそうなると、通常の2倍の早さでプロテインを消費することになります。
コストを考えるとあまり効率が良いとは言えませんね。

太るサプリとプロテインでは成分が違う

そもそも太るサプリとプロテインでは含まれる成分が違います。
「何でも良いから沢山栄養を摂れば太れるんじゃないの?」と思っている人は、もう少し栄養素や身体について知った方がラクに太れますよ。

太るサプリは消化吸収をサポートしたり、食欲を増進する成分が含まれています。
もう少しわかりやすく言うならば、太れない理由を解消するための成分を中心に含まれています。

太るサプリ単体で太れるわけではなく、食事での栄養吸収を助けて太るのです。

太れない原因は人それぞれ違いますが、大まかに分けると下記の3つが理由です。

  1. 胃腸が弱くて栄養の吸収効率が悪い
  2. 摂取カロリーが低い
  3. 代謝が良すぎる

胃腸が弱くて栄養の吸収効率が悪ければ、どれだけ食べても脂肪がつきにくいです。
しかも沢山食べようとすることで胃に負担がかかるので、さらに胃腸が弱る可能性もあります。

ですので消化吸収をサポートするサプリの方が効果的なんです。

「でも体重を増やすためのプロテインもあるよ」と思った人はいませんか?
たしかに体重を増やすためのプロテインも存在します。

では一体どのような原理で体重を増やすのだと思いますか?

実は体重増加用のプロテインにも消化吸収をサポートする成分が含まれています。
筋肉と脂肪を同時につけて体重を増やすわけですね。

しかし筋肉は筋トレをしないと増えないので、筋トレをしない人にはあまり意味がありません。

太るサプリとプロテインの併用は?

では太るサプリとプロテインを併用したらどうなのでしょうか?
「太るサプリで上げつつプロテインを摂取するので、より太りやすくなるのではないか?」という考えですね。

結論から言いますと、少しは太りやすくはなります。
しかしコスパが悪いのでコストがかかるだけでお勧めはしません。

そもそもプロテインは身体に吸収しやすい状態に加工されたものです。
ですのでわざわざ吸収効率を上げるために太るサプリを併用する必要はありません。

太るサプリとプロテインの相乗効果は期待しない方が良いでしょう。

またプロテインは筋肉を付ける目的で作られているので、脂肪を増やすかもしれない脂質などの余分な成分は抑えられています。
にもかかわらず脂質などの吸収効率を上げて太りやすくするのは本末転倒ですね。

筋トレをしっかりしていて、筋肉と脂肪の両方を増やしたい人には良いかもしれません。

もしプロテインと太るサプリを併用するとしたら、プロテインは筋肉を増やす目的ではなく、筋肉量を維持する目的で飲むのが良いでしょう。

脂肪が少ないと言うことは、エネルギーにするものが少ないと言うこと。
筋肉はエネルギーが足りなければ分解されてエネルギーとして使われてしまいます。

プロテインには筋肉の分解を防ぐ目的もありますので、そういった意味では併用するのも良いでしょう。

しかしウエイトトレーニングをする人と比べて必要なタンパク質の量は少ないので、太るサプリを飲んでしっかりと食事をすれば問題ありません。

ですので太るためにサプリとプロテインを併用するのはコスパが悪いのです。

どうしても併用したいのであれば、太るサプリには【ドクターフトレマックス】のようにプロテインタイプの太るサプリもあります。

コメント